快適なベッドの選び方

ベッドサイズは重要事項

ベッドを買うならベッドを買う前に、まずベッドのサイズを決めましょう。家の寝室にどれくらいの大きさのベッドが入るのかは事前に調べておくこと。寝室に入る大きさだからといって寝るとき窮屈なサイズを選ばないように。ベッドのサイズは必ず寝室の広さと合わせて検討しましょう。

お部屋がそれほど広くないけど、ベッドもソファも欲しいとお考えの方はベッドも選択に入れてみるもの良いでしょう。最近のソファベッドは寝心地も座り心地も良いものが多いです。

ベッドフレームとマットレス

通常ベッドの大半は、ベッドフレームとマットレスを一緒にして売られています。マットレスが載っているベッドフレームは、色やデザイン、素材も様々です。マットレスが載っているベッドのフレームは、色やスタイル、素材もさまざまです。

ベッドのデザインで寝室のイメージがかなり変わりますので、じっくりと自分に合った選び方を行ないましょう。
また、ベッドを選ぶ際は、部屋のスペース、部屋の入り口の寸法なども事前に測って知っておきましょう。

ベッドを搬入できないと、ぐっすり休むことができない、一日の疲れを癒せないまま翌日仕事・・・なんてことにもなりかねません。
人間にとって睡眠は疲れを8割以上も癒すための、ライフワーク。
睡眠を軽んじると集中力の低下、倦怠感、頭痛など日常生活の弊害になる症状ばかりおこしてしまうため、やはりぐっすり眠れるベッドを選び、また自分の体と搬入する入り口に合わせたサイズ選びが重要なんですね。

マットレスも忘れちゃいけない

体を預けて寝るわけですから、ちゃんと疲れが取れるマットレスを選びましょう。 背中に触れる部分は堅すぎず、柔らかすぎず、身体を支持する部分は十分に硬く、ちゃんと衝撃を吸収し体圧を分散するマットレスはOKでしょう。

他にも、通気性がよく蒸れないマットレスは。日本の気候にマッチしているので良いですね。上記のような要求を満たすモノは非常にいいマットレスと言えます。マットレスによっては衝撃を吸収する素材が大きく変わったりします。

フランスベッド独自の開発による「高密度連続コイルスプリング」は、あらゆる動きに対する負荷・衝撃を点ではなく面で支えることにより、背中・腰の部分的な落ち込みが少なく、ゆったりとした理想的な寝姿勢を維持します。

ベッドを選ぶ時にちょっと触って感触を確かめるだけでなく、実際に寝ころんで寝心地を体感しましょう。寝返りの際には心配がないかなどもチェックしたほうがいいです。 一日の疲労を癒すベッド、こだわって損はないですよ。ベッドを笑うものはベッドに泣く。これを覚えておきましょう。

Favorite